2016年12月25日

自然とともに生きる

12月からドカ雪の続く北海道。
朝起きて雪深さに途方にくれることもある。
南国の人たちから見たら、何と「無駄なエネルギー」だろうか。
KIMG0681.JPG
先日は何十年かぶりにチセヌプリに登った。
世間は交通マヒで大騒ぎする中、呑気と叱られるかもしれないが、
重たい雪にうもれ、吹雪に吹かれながらスノーシューで歩く
道のりは決して呑気なものではなかった。

頂上付近は風が強く見通しが悪く、斜面は凍ってガリガリ、
ベテランガイドが一緒だったので心配はしていなかったが、
素人はこうやって遭難するんだろうなあと想像される。

それでも樹氷の美しさに感動し、
自然の荘厳さ、恐ろしさをひしひしと感じる感覚は
山に夢中になった若い頃と変わらず、とても新鮮だった。
ニセコ.jpg
自分は何でもできると思っていた若い頃の傲慢な自分に、
ほんの少しの風や雨で不安を覚え、圧倒的な自然の偉大さの前で
人間がちっぽけな存在になる経験は、
否応なしに謙虚さを教えてくれる貴重な機会だった。

ピークハンターと呼ばれる人たちは、
その自然を征服する対象として見るのかもしれないが
幸か不幸か体力のない私はハンターにはなれず、
謙虚にならざるを得なかった。

そして、ピークを踏む達成感が絶対だった10代から、
経験を経るごとに次第にプロセスに満足するようになり、
自然の中にいることそのものが楽しいと思えるようになった。
ニセコ2.jpg
農業にも同じ感覚がある。
どんなに努力しても、徹夜で頑張っても
生命は一晩で成長したりしない。
雨も太陽も「ありがとうございます」と拝む日もあれば
「勘弁してください」と頭を垂れる対象にもなる。
この雪があってこそ、水と緑の豊かな北海道が形成されているのだ。

昨今では雲を作って雨を降らせるような研究事例もないではないが、
「人事を尽くして天命を待つ」という心境を感じる場面が
人間は必要ではないだろうか。

大雪で今夜は家に入れないかもしれないと思って帰宅したら、
仲間の農家が大型除雪機できれいに雪かきをしてくれていた。
地獄で仏とはこのことだ。
クリスマスには今年活躍してくれた学生たちが集まり、
除雪や屋根の雪下ろしに汗をかいてくれた。
KIMG0684.JPG

都会にいた頃は誰かがやってくれた、お金が解決してくれた、
無駄なエネルギーでしかないと思っていた除雪が田舎では死活問題。
自然厳しい土地だからこそ、仲間の暖かさ、つながりの有り難さが
身にしみるこの頃だ。
posted by junka at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

余市エコカレッジ最終回

第4回のカレッジの題材はチーズとワイン。
それぞれに今年のHEPPの活動と深い関係があります。

まず今年のチャレンジのひとつが家畜。
草地管理のために導入しましたが、
動物がいるだけで景色が変わり、癒しの空間が生まれました。
子どもたちにも大人気の羊。
金澤さん.jpg
次は飼育も勉強しなくちゃいけないなという反省とともに
もっと積極的に家畜を活用したいという思いから
今回のカレッジではチーズづくりに挑戦。
牛乳を温めるところからモッツァレラチーズが
誕生するまでを体験しました。
チーズづくり4.jpg

そしてワイン。
今年のハル農園とカレッジのメインテーマです。
栽培指導と醸造を引き受けてくれた小西さんをはじめ、
果樹の勉強がしたいと通ってくれた熱心な農業高校生、
除草を手伝ってくれた修学旅行生や外国人ボランティア、
競争して虫を捕ってくれた小学生、
実にたくさんの手が加わって作られたワイン。
この日を迎えられたのは、その人たちのおかげなのです。
淡いオレンジ色のフルーティーな香りと
すっきりと酸味のある辛口に仕上がっていました。
スパークリングの泡も一般には炭酸ガスを注入しますが、
今回は同じ果汁を後から加えることで自然に発泡させたもの。

小西さん曰く「600年前の原始的なワインが目標像」
当時のイタリアに思いを馳せ、
素朴な味とエコロジカルな作り方を目指したそうです。

化学肥料や除草剤、殺菌剤を使わないなどの14項目のうち
今回は「亜硫酸と乾燥酵母を使用した」ため
100点満点ではありませんでしたが、見事80点を獲得。
「これは人手というエコビレッジの強みがあってこその
高得点。こんなワインは他にないんだよ」
と大絶賛をいただきました。

亜硫酸や酵母については、カビなどの雑菌に
負けないようにとの判断から加えたものです。
「来年はもっといいぶどうを作って100点のビオワインを目指したい」
という小西さんに対して、コメンテーターの中根さんからは
ぶどうの味を活かして美味しいワインを作るために、
亜硫酸は決してネガティブなものではないという意見も出ましたが、
600年前のワインを目指すとしたらやはり不要なものとなるのでしょうか。
ワイン乾杯.jpg
その辺りの技術に関して私のコメントはありません。
私的には、関わった人たちの笑顔の積算がすべてです。

今後、試行錯誤しながら「もっとこういうものを作りたい」という
方向性が現れるかもしれませんが、最も強調したいのは
たくさんの人が関われるオープンさ、
自然や仲間に感謝する気持ちのこもったワインだということです。

私は20代にパラグライダーの事故で肝臓破裂という大怪我を経験し、
以来アルコールを受付けない身体になりました。
こんな夜は、さすがにお酒を楽しめない寂しさを
感じずにはいられませんでしたが、
未成年やムスリムの仲間も含め、
お酒の飲めない人たちも一緒に作ったワインです。

小西さんと中根さんの熱いワイン論議を聞きながら、
たくさんの人たちへありがとうと言いたい気持ちでいっぱいでした。



posted by junka at 21:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

タイニーハウスの暮らし

11月というのに氷点下。
足早の冬の到来ですが、今年は新しい建物と若者たちの
頑張りのおかげで、いつもよりも余裕を持って冬を迎えられそう。

ついに完成した私の安息小屋は、8畳間にロフト空間という
タイニーハウス(小さな小さな家)。
引っ越したばかりですがすこぶる快適です。
タイニーハウス全景.JPG

常に大勢に囲まれた生活は、私の性に合ってるというものの、
たまには一人で籠りたい(単純に昼寝したいとか)こともある。
共同生活を楽しむためにもプライベート空間は大切です。
どうしても欲しかったので、ちょっと無理して作っちゃいました。

と言っても、今回は自分では塗装一つしてません。
設計施工はニセコの友人、マキビト工芸の工藤さんです。
工藤さんはすごくセンスのいいデザインビルダーですが、
専門は薪ストーブ。
モデルハウスも兼ねているニセコの自宅にも、
とても存在感のある素敵なストーブがあります。

ストーブ3.JPG

今回私の安息小屋に設置したストーブは、完全オリジナルデザイン。
昨日、今日のような真冬日でも、朝1時間、夕方1時間程度、
リンゴ箱半分から3分の2箱くらいの薪を焚けば
1日暖かいのですから感激です。

当初からタイニーハウスの最大課題は暖房でした。
体積が小さいスペースに薪ストーブを置くと暑すぎるという
事態が生じます。
断熱が悪いと部屋は常に暑いか寒いかのどちらかになって、
快適な室温を維持することができません。
灯油ファンヒーターでも30分で暖をとることはできますが、
森の小屋に灯油では…ね。

このたび作ってもらった薪ストーブは、ロケットストーブを
ベースに周囲のレンガや石に蓄熱させる仕組みです。
薪を燃やす時間は短く、じわじわと放熱することで、
一気に温度を上げず、かつ暖かさを長く保つことが可能です。
ゆっくりじんわり温めるデザインなので、残念ながら
煮炊きには使えませんが、保温効果はあります。

ストーブ2.JPG

材料はすべて市販のものでできているというのも驚き。
小屋の割に大きさが目立ちますが、そこは格好のよさで及第です。
自慢のストーブになりました。

IMG_2165.JPG

で、薪の暮らしが始まると、昨日までゴミだった
小枝や新聞紙、ダンボールが、いきなり焚付として
ありがたい存在になったりして気持ちもポジティブになります。

水もタンクで運ぶから、決して無駄にしない。
生ゴミもコンポストトイレの中味も森へ返してあげればいい。

玄関.JPG

私の場合、母屋のシェアハウスを併用しており、
お風呂や洗濯はそちらに頼っているため、
何一つ不自由はありません。

最小限のもので豊かな生活を送ろうという
コンパクトなライフスタイルにはぴったりの空間。
シェア生活を組み合わせることで、
ハードルが下がり、楽しさがアップするという
新しい暮らしのモデルになるのではと思っています。

posted by junka at 17:46| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする