2017年08月27日

手作り浄化槽の先に

ここではエコライフのひとつの課題として汚水の処理に取り組んでいます。
個液分離型のバイオトイレに加えて生活雑俳水の排水も大きなテーマ。
ここは下水施設がなく、法的には垂れ流しが可能なエリアですが、
エコライフを標榜している以上、何か努力したいということで、
生ゴミはできるだけコンポストにし、使った食器の油汚れを紙で拭いたり、
洗剤を工夫したりしているところです。

一方で「自然のキャパシティ内で処理できる」「紙の方がよっぽど無駄」
という声もあり、環境負荷を測定する難しさも感じています。
もしかしたら自己満足かもしれない。
環境負荷を測るファクターはいくつもあるし、単純ではないのです。

環境負荷も少なく、かつ気持ちよく美味しい暮らしを実現したいと、
日本工業大学の樋口チームとともに、エコロジカルな
手作り浄化槽を試験しているところです。
樋口先生.jpg

昨年夏に製作した浄化槽はオガ屑や籾殻薫炭など、
身近に手に入れることのできる資材を使って
ゼミの学生たちが中心になって製作しました。
均等に排水を点滴させるのが難しかったため、
いくつか試作を重ねましたが、最終的に学生の案が採用されました。

その後、3回に渡って水質検査をしたところ、
アンモニアや窒素、CODなどいくつかの項目で
目覚しい効果が発見されました。
基材に生息する微生物が約8~9割の有機物を除去することがわかったのです。

今回は4回目の測定で、1年経過してどの程度の機能が発揮されるのかを
検証しようとしました。
驚いたことに、過去3回とまるで逆の成果が出ました。
そこからいろいろなディスカッションが生まれました。

パックテスト.jpg

容疑者は前日使ったシャンプーやリンス、化粧品。
慌ててどんな成分が含まれているか調べると、聞いたこともない
名前の化合合成物がずらっと並んでいます。
これらが微生物の活性に影響を与えたのではないか。

結果は検査機関に委ねることにしましたが、
このことをきっかけにいろいろな議論がされました。
「普段暮らしの中で自分が取り入れているもの、そして
出しているものについてきちんと考えたことがなかった」
「知らない間に生物や環境に影響を与えているかもしれないし、
自分の身体にも影響が出ているかもしれない」
パックテスト2.jpg

大切なことは「何を食べるか使うか」について、
〇×のリストを暗記することではありません。
「自分の暮らしが何かに影響を与えているかもしれないこと」
その事実を深く認識することです。

生ゴミでコンポストをつくるようになると、
プラスチック類はもちろん、分解に時間のかかるものは
入れないように気を遣い始めます。
「これはちゃんと分解できるかな」と。
ゴミを捨てるというよりも、まるでペットに餌を与えるような感覚に似ています。

自分が普段食べているものや排出しているものと、
そこからつながっている目に見えないもの、さらには
世界の裏側の人たちに思いを馳せられるようになりたい、と思います。










posted by junka at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください