2017年06月14日

トイレレポート

久々にトイレネタです。
(お食事中の方は失礼)

学び舎のバイオトイレは通年とおして臭いも虫の問題もなく、
快適に稼働しています。
個液分離のシステムが機能的であるることと、
下部のタンク室としっかり断絶ことが秘訣ですね。

タンク内の個体(便)は熱も加えず切り返しなどもしません。
時々タンクを取り出して蹴飛ばしながら攪拌はしていますが、
正直これでどれだけ分解できるのかなあと思っていました。

2015年10月にクローズしたタンクを今日取り出してみました。
上部3分の2はすっかり乾燥していて「ウ○コのウの字もないね」。
底部には黒い塊がありましたが、臭いは全くありません。
これなら取り出し作業も不快感もほとんどないですね。
ウ○コ取り出し.jpg

ウ○コ取り出し②.jpg
ちなみに液体(尿)の方はにんにくに散布しています。
実験的に米ぬかを撒いたものと比較していますが、
葉が青くピンとしています。
イギリスでもさまざまな自然由来の液肥を試している
ところがありましたが、人間の尿は窒素やビタミンなどを
含んだ有用な肥料になっていました。

江戸時代には当たり前だったこの技術。
現代では臭いものには蓋をしましょとばかりの態度ですが、
食べるものだけでなく出すものにも意識をしたいものです。



posted by junka at 21:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください