2017年02月11日

人のための組織とは?

名古屋~鈴鹿の1週間の旅から戻りました。
様々な出会いや気づきがあり、フルチャージされてきた感覚です。

鈴鹿ではアズワンネットワーク鈴鹿コミュニティの
経営者カレッジという2泊3日の講座に参加しました。

アズワンは、最近精力的に活動をオープンにされていて、
世界のエコビレッジとの架橋的な役割もになっています。

これまで取り上げられてきたエコビレッジは、
農山村の自給的な生活をベースに、
敷地や住まいなどわかりやすい一定の枠組みを共有しており、
メンバー内と外との区別がはっきりしていました。

一方、アズワンは街中の住宅地に点在する住民から成り、
誰がメンバーか把握するのが難しいくらい、
多様な関わりを持っており、都市型エコビレッジ、
あるいはトランジションタウンとして
着目されているところです。
カレッジ.jpg

昨年HEPPでも、会員による勉強会を開いたり、
創設メンバーの小野さんをお招きして講演を聞く機会がありました。
おふくろさん弁当.JPG

「やりたい人がやりたいだけ」関わるというコミュニティの原則も
「ルールがない」「上下がない」「責任もない」という会社経営も、
「う~ん、実際はそんなにうまくいくのかな?」「理想論では?」
という疑問をどこかに感じていましたが、このたび実際に現場を見、
いろいろな立場の人の話を聞いて、ぐっと理解が深まりました。

弁当屋.jpg

アズワンは生活面での助け合いの仕組みと併せて、
「おふくろさん弁当」を始め、農業などいくつかの会社を経営しています。
全体では何十人もの職員を雇用し、億を超える収益もありますが、
現場はまるで学生サークルのような和気あいあいとした雰囲気でした。
(決して無責任とか遊び半分な印象を与えるものではありません)

彼らの取り組みは、外からの評価や規則ではなく、
自分の気持ちや願いを素直に言葉にできる関係性、
たとえ失敗しても見守ってもらえる環境があることで、
人がのびのびとその人らしさを発揮しながら
社会に参加できることを実証しています。
鈴鹿ファーム.jpg

一般の会社経営では、効率のいい仕事や、より多くの収益を求めて、
それを実現する人を重用しますが、ここでは量や効率は二の次です。

あくまでも「人のため」という目標をぶれることなく持ち続け、
その目標に合わない場合は、優秀な働き手もお断りしたり、
せっかく儲かっている支店をたたんだり、
普通では有り得ない決断を重ねてきました。

今回一緒に受講した人たちは、会社の経営者や管理職の方でしたが、
一般には「非常識」なことがやすやすと営まれている様子を見て、
目から鱗が落ちる経験を共にしました。

「失敗」や「対立」を恐れるあまり、マニュアルやルールづくりに
膨大な時間やエネルギーを割いたり、それを遵守することが目的になって、
関わる人の気持ちや本質的な課題に向き合うことができなくなっている一般組織と、
自由な意思や発想、互いへの思いやりを大切にする彼らの働き方はまさに真逆です。

夕食.jpg

私自身、長いNPO活動の経験から
「お金をもらったら責任が発生して自由がなくなる」
「雇用契約をしたら上下の関係ができるのでは」
という恐れを持っていました。

でも、自由を奪うのは「お金」や「会社の形態」ではなくて、
「ねばならない」と思い込んだり、自分の考えが正しく、
それ以外を否定しようとする人間の心理だということがよくわかりました。

また、ネガティブな感情が起こったとき「どうしてそういう気持ちになったのか?」と
素直に向き合い、客観的に見つめることができるようになると、
他人との意見の違いも冷静に捉えられ、自分の気持ちも楽になるし、
関係性もよくなることを学びました。
(実践的に学んだわけではないので、自分にどう応用できるのかはまだわかりません)

集合写真.jpg

HEPPも会員のための市民活動団体から、より公益的な方向に向かい、
経済的にも持続可能な活動を目指そうとしているものの、
課題も多いと感じており、大きく舵を切ることに自信がありませんでした。
今回の研修で、私自身、いくつかの不安が取り除かれ、勇気をもらった気がします。

posted by junka at 20:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください