2014年08月06日

待望の上棟式

棟梁の体調不良で1ヶ月の工事休止。

あまりにやきもきして私まで胃が痛くなる
毎日でしたが、7月末、工事再開してからは、
みるみるピッチを上げ、あっという間に上棟。

叶うなら1日中眺めていたいくらいでしたが、
折しも20人の大規模研修が重なったため、
みるみる立ち上がっていく建物を横目に奔走…

上棟式3.jpg
上棟式2.jpg

それにしても、美しい材料と屋根のフォルムに
思わずうっとりします。
基礎のときはあんなに小さく見えたのに、
どんどん大きくなっていくのも不思議。

1上棟式.jpg

8月2日は上棟式でした。
正直、神事や伝統行事は苦手です。
やれ、鯛でなければダメだとか、
いや、ホッケでもいいとか、
餅はまくとかまかないとか、
ああ、やれやれ・・・

自分の家だったら絶対やらないこんな行事も、
これまで支援してくれた多くの人たちへの感謝の念と、
工事の安全を心から祈る気持ちで行いました。
上棟式7.jpg
ありがたかったのは、近隣の高齢農家さんが
お祝いを持って駆けつけてくれたこと。

これまでイベントにはお誘いしても
遠慮されてなかなか来られなかったのですが、
上棟式という行事が馴染み深いのか、
なおらいも参加してくださり、
私たちの活動の一端を見ていただけたことが
嬉しかったです。
上棟式4.jpg

なおらいでは学び舎を建てるに至った経緯や
将来の希望をお伝えしました。
構想から足掛け3年。
大変だったなあ、よくここまで来たなあと
改めて思いました。

設計事務所の櫻井さんや武部建設の武部さん、
棟梁の山谷さんが一つひとつの材料の歴史、
建設技術について解説してくれました。
上棟式6.jpg

材料やものづくりに対する思い入れと、
地道に培われた見事な技術が
こんな素敵な空間を創るんだなあと
深く感心しました。
参加したすべての方がそう感じたと思います。
上棟式5.jpg

懸案の屋根の色は全員で投票。
何と、赤と緑が同票(14票)という結果になりました。
散々悩んだ挙句、みんなが集まる場所を
強調したいという思いから赤に決めました。 
posted by junka at 11:04| Comment(1) | 建設 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上棟式は、天気にも恵まれ、やって良かったですね。若い人たちが集まるイベントでは、気がひける高齢の農家さんに、学び舎を披露し、地域に溶け込む絶好の機会になりましたね。
Posted by まやりん at 2014年08月06日 12:47
コメントを書く
コチラをクリックしてください