2017年10月24日

働き方改革

最近、某公的サイトの取材で地域の企業やお店を取材しています。
物書きは嫌いじゃないし、地域の魅力的な方と出会ったり、エコビレッジのPRをしたりする
格好のチャンスとして楽しんでいます。
今年のように本業で稼げないときにはいいチョイバイトでもあります。

取材でお会いするのは農家やカフェの店主など、個人事業の方が圧倒的に多いのですが、
みなさん、同様に
「自由に好きなことしてるから、働いているとか仕事しているという感覚がない」
とおっしゃいます。

働くことは辛いこと、お金のために仕方なく自分の時間を切り売りすること
そんなふうに考えたら、残業なんてもちろんしたくないし、
割に合わない仕事はできるだけすまい、という発想になりますが、
好きでやっていること、たとえば趣味とか好きな人と一緒にいる時間は
むしろ長い方が嬉しい。
時給とか残業とかは関係ない世界に変わります。

下手するとブラック企業と呼ばれかねないNPOの代表が
こんなことを言ったらひどく批難されるかもしれませんが、
自給的な暮らしやボランティア労働に時給はありません。
でも、本当に好きで楽しんでやっている間は、
長時間労働が原因で病気にることはないでしょう。
(義務感や責任感だけでやるようになると話は別ですが)

ここではワーキングプア並み(あるいはそれ以下)しか稼げなくても、
快適な住まいと王様のような食事があり、大好きな仲間がいる。
季節の移ろいを感じながら気持ちよく汗をかき、
自分が本当にやりたいことをして誰かの幸せに
直接つながっているという実感がある限り、
決して不幸になることはないのです。

経営者としては、安定した組織運営のためにお金も必要だと思っているし、
お金がみんなの夢の実現に近づくためのツールになることは否定しませんが、
「労働=お金」でも「お金=幸せ」でもないことは
すでに多くの人が気づいているのでは。

今話題になっている働き方改革は表面的な数字や制度だけが議論されていて、
本当に「自分と社会が幸せになるために働く」意味を追求していないなと感じます。

今週、鈴鹿からお招きする「おふくろさん弁当」の実践論で
ぜひそんなことを議論してみたいと思っています。
posted by junka at 15:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

感謝祭

今年もささやかな実りを分かち合い、一年の成果を報告するために感謝祭を開きました。
準備が不十分であまり大掛かりなことはできませんでしたが、
およそ60人くらいの方に来ていただきました。
感謝祭2.jpg
奇跡的に青空に恵まれ、またこじんまりとしていた分、
久しぶりの会員さんや新しい地域の仲間と
ゆっくりお話ができていい時間となりました。
感謝祭1.jpg
スタッフがまとめてくれた「えこびれの一年」を眺めると、
つくづくいろんなことをしてるなと思います。
一見、まるで学生の学習発表会のようで、
「遊んでるようでいいね」と言われそうですが、
ひとつひとつ意味のあることばかりだと思っています。
KIMG0909.JPG
一歩ずつ階段を上るような直線的進み方ではありません。
人の出入りがあったり、補助金等の関係で収支の波があったりして、
3歩進んで2歩下がる、そんな歩み方で前進しています。
感謝祭3.jpg
これからも応援よろしくお願いします!
posted by junka at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする