2017年05月18日

えこびれワインの行方

昨年10月に仕込んで今年1月にリリースしたエコビレッジのワイン。
これまでは会員や寄付者の方にプレゼントという形で提供してきました。

味については好き好きがあるし、お酒をまるで飲めない私には
何とも批評しがたいのですが「美味しい」「期待していた以上」
と言ってくださる方もいてほっとしています。

このたびようやく酒販免許を獲得し、晴れて販売できるようになりました。
わずか100本の在庫ということもあり、今回は販売と言っても
あくまでも「活動の応援者を増やすためのツール」として
活用することにしました。

会員価格1500円、一般小売価格2500円という価格は
「私たちの取り組みを理解して、応援してください」
「このワインの将来を見守ってほしい」
というメッセージを込めたものです。

「もっといいぶどうを作って質の高いものを」とか「作業効率をあげて単価を下げよう」
(今回は原価でなんと1200円!人件費は入ってません)とか
「収量を増やせば収入になる」とか、積極的な意見も出ています。

どれも挑戦したいと思います。
ただ、ここで陥ってはいけないことは手段と目的を見誤ることです。
「何のためにワインを作るのか」「何のためにこの活動をしているのか」
という命題を忘れて「質の向上」や「収入増加」に意識をとられてはいけない。

私達は「エコビレッジ」(持続可能な暮らしとコミュニティをデモンストレーションする場)
を目標に、学びや交流の教材としての農業、「教育ファーム」としてのハル農園を目指しています。

明日の食料のためにも、みんなの夢を叶えるためにも「お金」は大切。
それを手に入れるための技術や組織も重要ですが、それらは全部手段でしかありません。

どんなに優れた技術を手に入れても、ヒット商品でお金が儲かっても
「人の幸せ」や「地球の持続性」と結びついて実感できなければ
意味がないのです。

ただ「あはは」「おほほ」と楽しく過ごし、
現世離れした生き方を望んでいるわけでなないけれど、
「何のためにやっているのか」を忘れないようにしながら、
地道に努力を重ねていきたいと思います。









posted by junka at 12:15| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする