2017年08月13日

家内制手工業から産業革命

昨年秋に蒔いた「きたほなみ」
ワインとチーズで盛り上がったら次はパンでしょ、
というノリでいつものように軽く始めたことです。

子どもたちと一緒に種まき、麦踏み、
すくすくと育ったはいいけれど、
「赤カビは毒」と聞いてひと騒ぎ。
IMG_3737.JPG
しかも、コメは作ったことがあっても麦は初めて。
いつものように「何とかなるさ」と思っていたら
「え、お米と同じようにハサがけすればいいんじゃないの?」
「コメの籾摺り機は使えないの?」
ということの連発。

こんなときに、農業分野の友人が数いるのは私の強み。
あちこち写真を送ったり、検体を見てもらい、
病気も何とか大丈夫そう、(雑菌はついている)
乾燥もそこそこいってるからそのまま脱穀してしまおう、
ということになりました。
IMG_3750.JPG
IMG_3760.JPG
あとは得意の人海戦術です。
フランス人、台湾人、中国人を含む国際的な顔ぶれで
少しずつ手作業で刈り取り、脱穀、
玉ねぎネットで乾燥しました。

全体の3分の1くらい刈ったところで、一旦ゴミを取り除き、
どのくらいの量が収穫できるのか計ってみようと試みました。
久しぶりに登場した唐箕がなかなかうまくいかない。
これなら団扇で扇いだほうがマシという状況。
唐箕①.jpg
う~ん、これを全部団扇で飛ばすの?万事休すかと思ったときに、
滝川の友人がミニダップなる文明の利器を持って現れました。
小さな機械ですが、人力よりははるかに早い。
約40キロの小麦が採れました。
籾摺り.jpg
とりあえず今日のところはこれで十分かと思いきや、
「コーヒーミルで挽けるぞ」と言われ、
若者チームがミルで約400グラムの粉をひきました。

ここまできたらもちろんパンケーキでしょう。
見た目は少し黒っぽく、ちょっとざらっとした食感ですが、
思いのほか、素朴で美味しい!
パンケーキ.jpg

自給目的の穀類栽培のハードルはこの脱穀、製粉のプロセスです。
お米のときも痛感しましたが、小麦は小規模栽培の経験がない分
情報も道具もずっと少ないため、一層難しいことがわかりました。

「人類が穀類をどのようにおいしく食べるか
(または消化を良くして食べるか)を工夫し続けた日々が
確実にあったと実感した」
「最初から最後まで全部見て直に体験することができて面白かった」
というスタッフの言葉に現れているように、
多様な気づきや学びのチャンスだと思います。

スピード・効率第一の現代社会で、
こんな効率の悪いことやる人も少ないでしょう。
あるいは、真剣に自給しようと思ったら、
もっと他の方法があるかもしれません。

答えもプロセスもひとつではないのです。
それを仲間と一緒に考え、探ることが最も大切なことだと感じています。
posted by junka at 18:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

子どもたちに伝えたいこと

今年も猛暑とともに子どもたちがやってきました。
畑ににぎやかな声が飛び交い、焚き火でパンを焼く姿はエコビレッジの夏のワンシーンです。
IMG_3728.JPG
子どもたちと一緒に野菜や果物を収穫したり、鶏小屋から卵をとってきてそれらを調理したり、食べることを中心に時間が過ぎていきます。
イタドリを刈って羊に食べさせたり、茎にパン生地をまいてパンを焼くのも人気のプログラムです。
IMG_3649.JPG
普段の生活ではやらないようなことを特別にするのではなく、できれば日頃私たちが暮らしの中で大切にしていること、ルーティンとしてやっていることを、自然な形でシェアし、それが子どもたちの気づきになったり、よい思い出になったらいいなと思っています。
IMG_3643.JPG
私たちはプロの農家でもないし、余市に古くから住む地元住民でもない。家族でもなく、会社でもない。
そんな私たちが彼らに伝えたいことは「農業の重要さ」や「生命の大切さ」というよりも、「いろいろな生き方、多様な考え方」があるのだということ、「みんなでやったら楽しい」を実感することでしょうか。
そんな小さな経験の積み重ねが、豊かな人生を築く基礎になってくれると信じています。
IMG_3629.JPG
posted by junka at 21:35| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

多文化共生

エコビレッジの特徴はいろいろあって、なかなか一言では言えません。

「エコビレッジの住人は太陽光パネルを搭載した家に住み、ベジタリアンである?」
「自然農で自給自足をする人」「一つ屋根の下で3食一緒に共にする」
数ある中にはそんなエコビレッジもあるでしょうが、
人に寄ってグループに寄って、求めるもの、大切にしているものは異なります。
コミュニティのスケールやステージに寄っても変わってくるかもしれません。

余市でエコビレッジの絵を描きながら、何を最も大切にするか、
何が一番魅力的な特長となり得るか、そんな話を何度もしました。
「シンプルで、あるものに感謝する暮らし」「人と生き物が共生する世界」
「つながりを取り戻す拠点」「新しい生き方、働き方を模索する場所」
そんなキーワードが並びました。

私としては、それらに加えて「多文化共生」をあげたいと思います。
年代、性別、地域、職業や経験、文化の違い。
農業や建築だって「環境負荷の少ない技術」とは言うものの、
その幅は広く、解釈もいろいろです。

違いはあって当然。
自分と異質なものを頭ごなしに否定したり、批判したりするのではなく、
その違いがどこから来るのか深堀りし、
相手を理解しようとする関係性こそ「共生」の真髄であり、
異質なものを飲み込んでこそ新しい社会は創られていくでしょう。
ジョージ.jpg
今年も恒例になったワークキャンプでは、
イギリス人、イタリア人、ルーマニア人、中国人など様々な国から
若者たちが集まりました。

言葉や文化だけでない、違う視点、違う立場の人びとが
エコビレッジの基礎づくりに関わってくれる、
この機会を私はとても貴重なものだと感じています。
ピース.jpg
今年は小さな作業の一つ一つも「何を目指しているのか」
「この作業が何につながっているのか」を意識してもらうよう、
丁寧に説明したり、フォローしたりしたおかげで、
メンバーのモチベーションや達成感が高く、
非常に充実したキャンプになりました。

むしろ、同じ日本人同士だと「言わなくてもわかるだろう」
「空気を読め」で済ましてはいないだろうか。
近い人ほど、案外基本的なコミュニケーションを疎かにしたり、
「わかってくれると思っていた」からこそ共感されないと
裏切られたような気持ちになって、悲しくなったり
腹をたてたりしていないだろうか。
集合写真.jpg
最近は、そもそも自分が見ているものは、
他の人とは違うものだと思うことにしています。
それは見ている角度や視力の違いで生じる違いだったり、
過去の経験やバックグランドによる思い込みだったりしますが、
違うこと自体当たり前。きっとどれも真実なのです。

相手に伝えたいと真剣に思う気持ちや
丁寧な情報共有を重ねることで、関係性も変わるし、
それによって成果も変わることを実感するようになりました。
大きな成長だと感謝しています。



posted by junka at 21:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする